学位留学準備 ~情報収集~

先日米国大学院学生会主催の海外大学院説明会のパネリストとして参加してきた.その中で,学位留学のための情報収集はどのようにやったのか?という質問を頂いたので,これも記憶が鮮明なうちにまとめておこうと思う.

情報収集は早めからやっておくのが望ましい.僕はとにかく準備が遅かったので,GREなど留学準備と並行して、出願プロセス,出願先の情報収集を行った。特に出願先の情報は,アメリカに住んでいるか外国人の友人が多い方を除いて、普通は海外の大学の噂や研究の情報などなかなか入ってこないものである。「彼を知り、己を知れば百戦危うべからず」と孫子の言葉通り、相手の情報を集めることは,効果的なエッセーを書いて最終的に合格通知をもらうために非常に大切だと思う.

以下,出願プロセス,出願先の情報収集の方法を列挙してみる.

・米国大学院学生会のニュースレター

数か月に一回,米国大学院学生会がニュースレターを発行している.この刊行物には,現在学位留学されている先輩や,すでに学位を取り終えた方の留学体験記,出願プロセス,英語勉強法などが掲載されている.またこの回のニュースレターは出願プロセスの概要を掴むには一番良い資料だろう.この回の他にも,効果的なエッセーの書き方,良い推薦状のもらい方など非常に有益な情報を得ることが出来る.まずはこのニュースレターを読み漁ることを薦める.

・留学室センターで先輩を紹介してもらう

自分の大学の留学センターを訪ね、過去に学位留学した先輩を紹介してもらう。そしてメールかskypeなどでいろいろ気になる点を質問する。顔を合わせたこともない人に質問攻めするなんて気が引ける,とここで遠慮してはいけない.海外出ている先輩方は,概してオープンな心の持ち主だし,お世話になった分は,自分が次の世代をお世話する形でつなげていくものだと個人的に思っている.(もちろんお世話になった先輩には,出願が終わったら精いっぱい恩返しをしよう!)

・友人に学位留学経験者を紹介してもらう

僕はイリノイ大学に在学していた時期があったので、その時に知り合った友人に、現在米国で学位留学している日本人を紹介してもらった.同じ専攻の先輩を紹介してもらえると,より具体的なアドバイスをもらいやすくて良いのではないだろうか.留学している知り合いがいないという方は、米国大学院学生会に連絡してみると助けてもらえるはずだ.

・大学ランキングを参考にする

おおざっぱな大学のレベルを知るためにU.N.Newsのランキングを参考にした。因みに僕は有料版で満足できる情報を得られた.(必要TOEFLスコア,合格者の平均GREスコアなどの有益な情報が有料版だと得られる)僕はこのランキングで1~15位程の大学をピックアップして,次にそれぞれの大学のHPに行って,その大学にある研究室を調べた.そして最終的に自分の興味のある研究を行っている大学7校に絞り込んだ.最後に,アメリカは大学によって分野別に強いところ弱いところがはっきりしているので、大学ランキングを参考にするときは,自分の専攻のランキングで調べるのが鉄則という事もお忘れなく.

・大学のホームページ

出願締め切り日,出願書類,TOEFL要求スコアなど細かい情報は,それぞれの大学のHPで調べるほかない.また研究室のHPに飛び,どのような研究を行っているか,最近の論文はどのようなものがあるかを調べる.僕はそれらの論文を読み,エッセーではそれらに述べられていた研究に言及しながら書いた.

・船井情報科学振興団のHP

この奨学金を受給している方の留学レポートがこのHPに載っている.僕はほぼすべての人の留学準備に関するレポートは読み漁った.多くの人の出願プロセスを知ることで,なんとなく出願から合格通知までの流れをつかめたように思う.

以上僕の行った情報収集について述べた.もちろんほかにも方法はたくさんあると思うけれど、とりあえず僕が行ったものを列挙してみた.これは個人的にやってことなので,他にもインターネットで色々情報を集めてみると良いと思う.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です